フランスワイン:トップページ

ワインの分類

2000年にわたるブドウ栽培の歴史の中で、フランスはあらゆる地域で違ったワインを生み出し、成熟させてきました。長い歳月、何世代もの生産者たちはワインの発展と充実に努めてきましたが、常に品質への心配がつきまとっていました。彼らの優れた技量を守り、この素晴らしい財産の発見の助けになるようにと、明確な分類が制定され、後にヨーロッパの基準に統一されました。2009年に、様々なカテゴリーのワインを区別する、分類の見直しが行われました。

地理的表示付きワイン

AOP:原産地呼称保護 

テロワールは自然や人的な要因と結びつき、ワインの品質と特徴を決定します。この分類のワインは限定されたテロワールから造られたワインです。基準により規定された生産条件を満たすものです。

→ 詳しくは:AOCワイン・オードヴィ生産者全国連盟(CNAOC)のホームページをご覧ください

 

 

IGP:地理的表示保護

以前はヴァン・ド・ペイという呼称だったIGPワインは、品質や評判、特徴を与えるひとつの地域で生産されたものです。その生産条件は基準で規定されています。単一の、またはいくつかの品種の名称が、ワイン名として記載されることもあります。

→ 詳しくはwww.vinigp.fr

INAOのホームページにAOPとIGPのリストがあります。 INAO : http://www.inao.gouv.fr/public/home.php?pageFromIndex=produits/index.php~mnu=145 
「Type/Catégorie」メニューから« 4.1 Vins »
を選択してください。  « AOP » か « IGP »を選択してください。

地理的表示のないワイン

  • "Vin de France" - VDF

"Vin de France"の呼称に分類されるワインは国内の違った地方で栽培されたブドウをブレンドして造られたフランスワインです(IGP(地理的表示保護)は記載されません)。品種名やワインの製造年号が記載されることもあります。

→ 詳しくは :  http://www.vindefrance-cepages.org/fr/cepages-de-france

© CIVR

フランスワインを
発見して下さい

ようこそ

国と出生年を選んで下さい

必須事項