フランスワイン:トップページ

規制

ワイン法はフランスのワインと蒸留酒の生産や仕上げ、商品化を規制する数百の法文からなり、そのうちの数十がワイン醸造に関するヨーロッパ連合の法文で、無数の国定の補足事項があり、必要な場合は修正されます。

国とヨーロッパ連合の法文全体の枠組みは、欧州のワイン共同市場制度(OCM)の制定とその法制化です(EU理事会規則 1234/2007)。この共同市場機関の基本方針は、ワイン市場の均整を取り、浪費を避けて市場への介入措置を排除し、ヨーロッパワインの競争力を高めるためのより確実で、より積極的な方策を取り入れながら、新たに予算の方向付けをすることです。

OCMはワイン栽培地域の環境保全を保障しています。また、すでに確立している伝統的な品質に対する方策を守り、消費者のためであると同様、生産者のためにも、ワイン分類規則を簡略化させました。

このOCMとフランス法文を適用する方式についての欧州委員会の規則が、決まった枠組みを明確にするようになります。

そこでワイン市場固有の規則が取り組まれます。例えば、ワインの分類(呼称とカテゴリー)、それぞれのカテゴリーのワインについての特定の醸造学的な方法、ワインのラベル表示の規定、消費と商品化について、等です。

これらの措置は様々な水準で示されるでしょう。ヨーロッパ・レベルであると同時に国内レベルでも採用されるもの、またはヨーロッパ・レベルだけのもの、国内レベルだけのもの(フランス固有の問題を示します)。

ワインに関する規則の主な法文

欧州共同体規則

フランス法規則

  • 2013年4月26日付 法令 : 「収穫申告」、「SV11」、「SV12」、「在庫申告」、「OENO」、「nCVI」名での自動化処理を構成する「DOSPROV」のテレサービス創設の許可。
  • 2012年5月4日付 政令2012-655 : ワイン・ブドウ製品のラベル表示とトレイサビリティ、特定の醸造学的方法について。
  • 2010年11月5日付 政令2010-1327 :オペレーターの認可方式と、AOPまたはIGPではないが、ブドウ品種か収穫年記載ワインの証明方式について。

蒸留酒に関する規則の主な法文

欧州共同体規則

詳しくは、以下のホームページをご参照ください。ワインの規則法文は、段階別、テーマ別、措置別、タイプ別に表示されます:

欧州共同体規則について : Eurlex.

フランス法規則 :

フランスワインを
発見して下さい

ようこそ

国と出生年を選んで下さい

必須事項