フランスワイン:トップページ

何を飲みますか?

ワイン選びは思いつきでできるものではありません。お客様の好みはもちろん、気温や季節といった要素も考えなければなりません。でも、料理に合ったワイン選びで最も考慮しなければならないことは、料理との調和を見つけることです。

魚には白ワインを、そして肉には赤をという古典的な決まりは知られていますが、料理とワインの調和にはこの基本の「格言」以上の可能性があります。組み合わせがうまくいけば、料理と飲み物はその風味をお互いに高め合うのです。

醸造技術者やカヴィストはその日のメニューに合ったワインを確実に選んでくれるでしょう。でも、いくつかの基本の決まりを守れば、あなたも自分自身で料理にぴったりのワインを見つけ出すことができます。

風味のバランスが第一です。例えば、力強すぎるワインは繊細な風味を「押しつぶして」しまいますが、まろやかなワインは酸味のある前菜に素晴らしく調和します。そして、ワインの順番もとても大切な役割を果たします。食事を軽めのワインで初めて、コクのあるワインで終えるのが勧められていますが、これは前菜、メイン、デザートで構成される食事の古典的な方法と同じ理由なのです。

この大原則以外でも、料理とワインの調和は、それぞれの料理と組み合わされるワインによる独特の錬金術のようなものです。ここにご紹介する料理とワインの組み合わせの中から、様々な組み合わせを試してください。そして、たくさんのバリエーションを発見してください。

 

 

フランスワインを
発見して下さい

ようこそ

国と出生年を選んで下さい

必須事項