フランスワイン:トップページ

軽めの前菜

サラダ

  

料理の味付けに応じてワインを選んでください。生野菜の新鮮さは、一般的にフルーティーでアロマのあるワインによって花開きますが、やはり一番の決め手になるのはドレッシングです。ドレッシングそのものの味の強さや、特にヴィネグレットの場合には酸味が強いからです。ですから、サラダの苦みを強調しないような、そして全体の味に負けないような、生き生きとして力強い白ワインを選びましょう。

トマトとオリーヴ・オイル



このもっとも夏らしい一皿は、太陽をいっぱい吸い込んだやや酸味のあるトマトをオリーヴ・オイルのまろやかさが支えます。この料理にはトマトとオイルの風味の繊細さを隠してしまわないような、あまり力強すぎず酸味もほどほどのワインを選びましょう。フレッシュなロゼを勧められることが多いですが、若く、フルーティーでバランスの良い白ワインも見事にその代わりを果たします。

 

野菜とヴィネグレット



マスタードの強さによってさらに複雑さを増した酢の酸味のせいで、この料理とワインの組み合わせは特に難しいものです。ここでは新鮮さを第一に考えて、一皿を和らげ野菜の風味を支えるような、アロマのある白ワインが理想的です。フルーティーさでドレッシングの強さとバランスがとれるならば、ロゼも合わせることができます。

フランスワインを
発見して下さい

ようこそ

国と出生年を選んで下さい

必須事項